OpTion.fx

外国為替通貨オプション取引実験、SVC證券、GCI Financial、サムライFX。
<< GCI Financialのアカウント作成 | main | 売買ポリシー決め >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |

両建て戦略


JUGEMテーマ:株・投資
本当に使えないのか!?

「両建て」戦略は難平(ナンピン)と同様に「愚策」という位置づけで知られる戦略。
実行している方はほとんどいない。
しかし、私は愚策とは思っていない。
年末に税金対策目的で使う両建ちは論外だが、
狙いを付けた両建て戦略というのは非常に効果がある方法だと考えている。
手数料やスワップを気にする人もいるが、
スワップ狙い自体が愚策だといい加減気づくべきだ。


この間開設したGCI Financialでオプション取引ができなくなったので、
苦し紛れに実行した両建て戦略がうまく機能したのを皮切りに使うようになった。
両建て(Hedge Position)とは?
ロングポジションとショートポジションを同枚数同時に所有するポジション


ロングとショートを同一価格で所有する戦略。
どちらに動いても損益はゼロ。
(手数料やスプレッドで多少マイナス)
両建てを禁止しているブローカーも存在し、
SAXO系のSVC證券やサムライFXでは利用出来ない。


では、具体的な戦略だが、
両建ちを利用する上で必ず必要になる機能がある。
それは、
トレーリングストップ

ロングポジションを持ち、トレーリングストップオーダーを同時にかける。
同一価格でショートポジションを持ち、同一価格差のトレーリングストップオーダーをかける。

相場がどちらに大きく変動した場合、
片方のストップオーダー(逆方向に動いたポジション)が発動する。
その後、有利なポジションで運用することができる。


トレーリングストップオーダーの価格差をいくらにするかでリスク管理を行う。
変動の激しい相場なら価格差は広めにする必要がある。



市場の開始時間前や大きな発表の直前など、
狙いを定めて仕込みをすると非常に効果がある。
| fx-option | FXオプション | 02:18 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト


| スポンサードリンク | - | 02:18 | - | - | pookmark |
私も考えた事あります!しかし本当に儲かるのか??と実行した事ありませんでした。私も試してみたいと思います

最近、SVCのオプションスプレッドが更に広がったり、価格設定が5pip刻みでしか設定できなくなったりと、オプション取引がどんどん不利になって行く気がするのですが…



| タガミン | 2008/04/15 5:44 PM |
こんにちは。
面白いアイディアですね。両建てに、こんな使い方があったとは。関心いたしました。
| World Investor | 2008/04/19 11:49 PM |
> World Investorさん
一応うまくいっているので、
しばらくは試していく予定です。

> タガミンさん
使う場面の見極めが難しいのと、
ストップオーダーが作用してからの運用を別ロジックに変更するなどの工夫が必要なことなど、
いろいろ調整がありますが、
基本的には効果はあると思ってます。

オプションですが、
私にとってはスプレッドが多少開こうが、
5pips刻みになろうが全く動じません。
そのぐらいをはねのける利益を出してくれます。



| かんりにん | 2008/04/21 3:09 PM |









http://fx-option.jugem.jp/trackback/37
+ Sponsored
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ アクセス解析

+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS