OpTion.fx

外国為替通貨オプション取引実験、SVC證券、GCI Financial、サムライFX。
<< SVC証券でオプション取引が出来るようになった。 | main | 外国為替フォワード(先渡し)取引:SVC證券で始まった新しい取引 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |

為替オプションの[カバードコールでスワップ狙い]は悪


JUGEMテーマ:株・投資


スワップ狙いのカバードコール。
これは単独で使ってはならない手法だと言うことが解った。



カバードコールのリスクは実は結構大きい。

カバードコールの組み合わせは、
ロングポジション + ショートコール
(ストライクプライスはポジション取得価格)
期間はなるべく長く設定するというもの。
収益はオプション売却価格と期間中のスワップポイント。
一見すると安定型の戦略に見える。
しかし、カバードコールは安定型の戦略でも何でもなく、
リスクが大きすぎる危険な戦略。
理由は、
「損切りの見切りが難しい」

こと。


カバードコールで利益を出すには、
オプションがイン・ザ・マネーの状態で権利行使さえる必要がある。
それには、相場が強気の相場(上昇相場)でなければならない。
弱気の相場(下降相場)でも揉み合い相場(行ったり来たりする相場)でもダメ。
絶対に上昇するという確証がないと使えない。
(そんな状態ならばむしろポジションを持つ。)


カバードコールの損切りポイントは一般的には
「オプション売却価格範囲内でポジションを閉じる」
という風になっている。
しかし、短期で見ても長期で見ても揉み合い相場であることの方が多い中で、
果たして、ポジションを閉じられるか?
謝って閉じ損ねたら大損。
閉じた上で反転してきても転売価格が下がっているとは言え損をする。



仮に予想通り相場が動いたとしても、
通常ならポジションを閉じて為替差益をもらえるところが、
入ってくるのはスワップポイントだけ。
知っての通り、スワップポイントは非効率極まりない投資方法なので、
利幅が非常に小さい(オプションを売った時点で決まる)。


カバードコールつまり、利益限定損失無限大という最悪の手法と言うことだ。
右図はカバードコールの損益を表したグラフ。
下方向にとぎれなく続いているのが解るだろうか?

となれば、単純にスワップが入るポジションで建て、
トレーリングで利益確定する方がよほど効率が良いし損切りもしやすい。





では、カバードコールの使うポイントは?
それは単独で使うのではなく、
イン・ザ・マネーのポジションを持っている時

ポジションを所有していて有利な方向に相場が大きく動いてる時に、
追加でプレミアムを獲得するために使うのがよい。

相場が有利に進んでいるということは、
「イン・ザ・マネーのオプションを売却できる」
ということ。
となればかなりのプレミアム価格が期待出来る。

さらにヘッジでアウト・オブ・ザ・マネーのプットも買っておくことを強く勧めておく。
(ストライクプライスはポジション取得価格)
カバードコールは相場が下がってくると転覆してしまう戦略なのは前述の通りだが、
プットオプションがそれをヘッジしてくれる。
このロング+売りコール+買いプットの組み合わせをコンバージョンといい、
オプションでは利益確定手段として重要だ。

| fx-option | FXオプション | 10:57 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト


| スポンサードリンク | - | 10:57 | - | - | pookmark |









http://fx-option.jugem.jp/trackback/10
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/19 3:27 AM |
+ Sponsored
+ Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ アクセス解析

+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS